1. TOP
  2. GBMブログ一覧
  3. ホットスタンプ応援の裁断課N君

2020/10/29

ホットスタンプ応援の裁断課N君

こんにちは ホットスタンプ課のMです。

N君が応援に入るようになって2年半くらいになります。
 N君が書いてくれたホットスタンプ課のお話はこちら
最初はホットスタンプ機の熱盤に手の甲が触れて、しょっちゅう
やけどをしていましたが、普段から物静かな性格なので、やけどを
した時も比較的静かなリアクションなので、逆に大丈夫か心配になりました。

こちらが言ったことを細かくメモをして、それを見ながら作業を
行っていました。しかし、メモばかり見ているとどうしても作業スピードが
落ちるため、メモばかりに頼らないよう注意したこともありました。

応援に来るようになって1年くらい経った頃、私が怪我をして
1か月も入院することになり、さぞかし心細かったことと思います。
周りからの応援もありましたが、投げ出さず何とか乗り切ってくれました。
それから1年後、また同じような時期に私が今度は病気で1か月ほど
入院しましたが、かなり成長してくれていたので今度は安心して任せる
ことが出来ました。

ホットスタンプ課は私が入社して以来、ほとんど一人の部署でした。
若い時はどんなに忙しくても、時には徹夜で作業を行う(あくまで昔の事)
ことがあっても難なくこなせていたのですが、寄る年波もあり、不意な怪我や
病気に見舞われたとき、N君に覚えてもらっていてよかったと心底思いました。

N君にはさらなる成長をしてもらい、難しい内容の案件が来た時でも
自分で工夫をして仕上げられるよう期待しています。