1. TOP
  2. GBMブログ一覧
  3. 夏の終わりと軽減税率と

2019/09/06

夏の終わりと軽減税率と

こんにちは!
あるときはポイントカード屋さんの事務員、
またあるときは大阪のオカン。大阪事務チームHです。

2歳の娘が保育園で様々な歌を覚えては、家で披露してくれます。
自身も子供の頃歌ったものは一緒に口ずさめるのですが、
新曲?もありつつ知らない歌を知るのも、ひとつの楽しみです。

最近はもっぱら
♪夏はどうして楽しいか?
♪みんなで好きなものを言ってみよう

とはじまる曲がお気に入り。
調べると
『しりとりうた』(作詞: 横笛太郎 作曲:兼永史郎)
で、夏の風物詩をしりとり形式でつないでいく可愛らしい曲。

以下、意気揚々と歌い上げる娘~歌詞は不正確、舌っ足らずver.~
(カッコの中は母の思い)

♪スイカっスイカっカモメっカモメっ

♪みじゅあそびぃ~みじゅあそびぃ~
(「水遊び」か、プールとか何年行ってないんだろ)

♪まっちゅまりぃ~まっちゅまりぃ~
(‥‥「まつり」!?も久しく行ってないですね)

♪りょっこおお~りょっこおお~
(「旅行」だなんて‥‥お盆9連休もあったのに、ずっと家にいた☆)

♪うーらーらんっうららんっ!

%e3%81%86%e3%82%89%e3%82%89%e3%82%93

あれですかね
米津先生の『パプリカ』でいうところの
♪らるらりら
的なやつですかね。

と思って調べたら違った
本当の歌詞は
♪うーなーどんっうなどん!

だった‥‥
うな丼‥‥!
今年‥‥食べて‥‥ないよ‥‥

夏の楽しいことを1つも成し遂げずに2019年の夏を見送ろうとしていることを、童謡で思い知らされる夏の終わり。

※うな丼ももちろんですが上記は娘のうろ覚え歌詞なので実際はしりとりになるように単語が並んでいます。

さて、そんな夏が終われば
次は消費税増税、軽減税率が控えている訳ですが
実際、なにが軽減税率の対象なのか、なんなのかって
少し分かりにくいですよね。

せっかくなので(?)今回は
しりとりうた
に出てくる夏の風物詩単語の税率を考察してみようのコーナー!

まずは『うな丼』
こちらは、
イートインの場合は10%、
テイクアウト、宅配、出前で食べる場合は8%の税率が適応されますね。

では、
『祭り』の『夜店(屋台)』で売られている飲食物はどうでしょうか?

お店がベンチ、カウンターなどの座席を用意している
もしくは
お店は用意していないけれど、近くに【飲食物の購入者が使用できる】座席が設置してあり、その設置者と店が提携している
場合において、
それらの座席を使用して飲食する場合は外食扱いになるので10%が適応されます。

一方、それらのような座席がない場合は8%が適応されるとのことでした。

例えば近くのベンチで飲食した場合でも、公園のベンチのような誰でも利用できる座席の場合は、10%は適応されないとのことです。

※国税庁HP
消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)令和元年7月改訂版参照

GBMのライブレジで、スマートに軽減税率に対応しよう!

♪うーらーらんっうららんっ