1. TOP
  2. GBMブログ一覧
  3. ガラパゴス仕様にご用心

2019/05/29

ガラパゴス仕様にご用心

こんにちは、東京営業管理チームのMです。

先日、弊社の営業にとある弊社のお得意様から、
その昔弊社で作成していただいたポイントカードにデザインされているQRコードをスマホで読むと、
エラーページになるんだけど、なぜでしょう?

というご相談があったそうです。

弊社の方で、そのポイントカードのQRコードについては、
一般的なQRコードリーダーアプリだと問題なく読みこめ、
iPhoneのカメラだとエラーになるところまで症状を切り分けられましたので、
原因を突き止めることができました。

さて、その読めないQRコードの中を見てみると、
今は懐かしいフューチャーフォン(ガラケ)のDoCoMo用のコード体系になっていました。
区切り文字でスペースやセミコロンを使ったりして、
ブックマーク用にサイト名を入れられたりするガラパゴス仕様になっていました。

日本のディベロッパから提供されているQRコードリーダのアプリでは、
これも考慮されており特に問題ありません。

一方で、iPhoneのカメラ機能もiOS11からカメラを起動してQRコードを読むとQRコードからホームページに飛べるように便利になり、
他にアプリをインストールしなくても良くなりました。
ただ、iPhoneのカメラ機能は先に述べた日本の独自の仕様は考慮されておらず、
従来のQRコードを読み取ると、区切り文字であるスペースやセミコロンなどの影響で、
ホームページに正しく飛べないケースがあるのです。

皆様のポイントカード、会員証に入っているQRコードは大丈夫ですか?
一度お暇なときにでも、iPhoneのカメラ機能で読み込んでみてくださいね。
もし、エラーになるなら、iPhoneのシェア率43%の今、
QRコードを修正してカードを作り直した方がいいかもしれませんね。

↓QRコードの違いの例

qr%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e8%89%b2%e3%80%85

 

※トップの写真はガラパゴスゾウガメで、本文には関係ございません。