1. TOP
  2. GBMブログ一覧
  3. 不思議なカタログが届きました!

2018/07/10

不思議なカタログが届きました!

入社3年目の技術課Sです。

先日、製品カタログが社内の回覧板で回って来ました。

回覧版なので、当然、確認印を押す場所があり、10人くらい見た後で渡されました。

「取引先からの紹介かな?」

ふとカタログを見ると、まったく聞き覚えが無い業者・・・

「このカタログは、営業部門から?それとも、工場部門から?」

誰も知りません(笑)

実は、このカタログ・・・

ニューコールで事務が受け取り、別の事務員が気を利かせて社内に回覧で回したものでした。有り難いことに、普段から会社受付にニューコールで訪問される営業マンはたくさんいらっしゃいますが、基本的には回覧なんてしません。

なぜ、回覧が社内に回ったのでしょうか?

なんと!

カタログにホッチキスで、回覧用紙が貼り付けされていました!

その回覧用紙は社名も何もなく、ハンコ用に確認欄が書いてあるだけ・・・

確かに関係部署が見てくれたら良いですが、ニューコール時のカタログはその部署に届く前に捨てられるケースも多いです。この方法なら、色んな部署を通るため、関係者の目にも届く確率が上がますよね~。

「見てもらう」に特化した、素晴らしいニューコールでした。

カタログPRのアプローチを変えるだけで、ヒット率も変わってくるんだなーと実感しました。顧客分析もヒット率を調べる分析機能(イベント効果分析)もあるので、分析のアプローチを変えて、より良いCRMを構築したいですね。