1. TOP
  2. GBMブログ一覧
  3. 逆転の発想

2017/11/30

逆転の発想

こんにちは、オフセット印刷課のHです。
先日、家族で子供参加型のあるイベントに行ってきました。
いろいろな体験ができるコーナーがあったんですが、中でも子供たちがやりたがったのが、
「チリモンを探せ!」というコーナーです。

「チリモン」というのは「チリメンモンスター」の略で、簡単に説明すると、
ちりめんじゃこの中に入っているカタクチイワシ以外の生物です。
自分も子供の時、ちりめんじゃこの中に小さなタコやカニが入っていると、
「当たりや!当たりや!」と喜んでいましたが、最近のちりめんじゃこは、きれいに掃除されているらしくて
チリモンを見つけるのも難しいようです。

このコーナーでは掃除処理する前のチリメンジャコを使って90秒でどれだけチリモンを
見つけるかを体験できるようです。

その時、子供たちが見つけたチリモンがこれです。
左上は「サバ」、右上が「タチウオ」、下の2つは「エビ」と「カニのなかま」のようです・・・たぶん。

%e3%83%81%e3%83%aa%e3%83%a2%e3%83%b3

最近は、掃除処理する前のちりめんじゃこを教材用として売っていて、子供にすごく人気があるようです。

普通、製品に不純物が入る割合が多くなればなるほどクレームなんかが増えると思いますけど、
不純物(チリモン)入りのちりめんじゃこが喜ばれているっていうのもなんか面白いですね。

チリモンの中にもレアものがあって「タツノオトシゴ」なんかがいる場合もあるようです。
今度、チリモン入りのちりめんじゃこを買ってきて家族で探してみたいと思います。