1. TOP
  2. GBMブログ一覧
  3. 朱印集め

2017/10/05

朱印集め

こんにちは、ブログ担当オフセット印刷課のHです。
今回は、投稿箱の中から工場長のMさんの投稿を紹介します。

工場長のMです。
私には寺社を見て回るという趣味があります。

数年前、高野山壇上伽藍の中門が172年ぶりに復元され、それに使用した
檜の端材で作られた朱印帳があることを知り、それを求めて高野山に行ったのがきっかけで朱印を集め始めました。
(檜のものは完売、高野杉の間伐材で作られたものを購入)

今までにも寺社を訪れていましたが、それまでは朱印の存在すら知りませんでした。
朱印というのは、以前は写経したものを奉納した証として頂いていたようですが、現在では
参拝した記念に初穂料を収めていただくケースが多くなっているようです。

朱印はあらかじめ紙に書かれているものを渡される場合もありますが、ほとんどはその場で毛筆によって書いてもらいます。
毛筆で書かれていることから、お札のありがたさや“書”としての芸術性を感じることもでき、
いただいた朱印を見る瞬間や集める過程も楽しみの一つです。

朱印というものは、もしかしたら「ポイントカード」や「スタンプラリー」のもとになるものなのかもしれないなぁ・・・
などと思ったりしながら朱印集めに奔走しています。

興味のある方は是非集めてみてください。