1. TOP
  2. 重要なお知らせ一覧
  3. WindowsUpdate時、ライブレジ/fsp-manager 2 シリーズが起動できない場合がある
2017/08/10
FSPシリーズ

WindowsUpdate時、ライブレジ/fsp-manager 2 シリーズが起動できない場合がある

ライブレジ/fsp-manager 2 シリーズが起動しない場合の考えられる理由と、この問題を解決する方法を説明します。

現象

ライブレジ/fsp-manager 2 シリーズが起動できない場合がある。
ソフト/レジ画面を起動すると、「アプリケーションサーバ―が見つかりません」と表示される。

理由

Windows Update時にMicorosoft SQL Serverサービスが勝手に再起動したり、またWindows再起動時にSQL Server
サービスの起動に時間が掛かった場合に、ライブレジ/fsp-manager 2 シリーズが使用するサービスが停止し、プロ
グラムを正常に開始できない場合があります。

解決方法

以下の操作をfsp-manager 2またはライブレジの本部ソフトがインストールされているPCで行ってください。

 [解決方法1]

Windows Updateが完了したのちもう一度Windowsを再起動して起動処理が安定したあとでソフトを起動すると、ラ
イブレジ/fsp-manager 2 シリーズが起動できるようになります。Windowsを再起動して10分以上経過しても、現象が
改善されない場合は、[解決方法2]を行ってください。

 [解決方法2]

以下の方法をお試しください。

1.下記より「サービスサポートプログラム」をダウンロードしてください。

2.ダウンロードしたプログラムを実行して、画面の指示に従いインストールを行ってください。

ssp_dr

3.「サービスサポートプログラム」のインストール完了後、Windowsを再起動してください。
「サービスサポートプログラム」がMicrosoft SQL Server サービスの開始を監視し、開始後にライブレジ/
fsp-manager 2 シリーズが使用するサービスの開始をサポートします。

4.ソフトを起動して現象が改善しているかご確認ください。

 

Windows Updateに関するご質問は、マイクロソフト社様にご確認ください。
⇒マイクロソフト社 のサポートページ

サポートカテゴリ