1. TOP
  2. タブレットレジ
  3. 軽減税率

軽減税率とは

2019年10月に消費税軽減税率制度が導入されます。
社会保障と税の一体改革の下、消費税率が10%に引上げられることに伴い一般家庭の家計への負担に配慮する観点から、
「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に消費税を8%とする「軽減税率制度」が導入されることになりました。

軽減税率対応品目

軽減税率対応品目

※軽減税率の対象品については政府内において現在も詳細を検討中ですので、政府広報などのサイトで常に最新情報をご確認ください。

業者が必要な対応

軽減税率制度の導入に伴い、2019年10月以降事業者の皆さんはお客様に発行するレシートに、どの商品が軽減税率の対象であるか、またその対象金額はいくらなどを記載する必要があります。ライブレジは2021年4月以降のインボイス(適格請求書等保存方式)への対応は、簡易インボイス方式にて対応します。

業者が必要な対応

軽減税率とは

軽減税率対策補助金
消費税軽減税率制度の導入にあたり、8%と10%という複数の税率に対応できる「複数税率対応レジ」を購入する小売店などでは、その購入費用の一部を、中小企業庁が中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)を通じて実施する「軽減税率対策補助金」として補助を受けることができます。
ライブレジの導入にあたっては、複数税率に対応するPOSレジシステムの導入を対象にした「A-4型 POSレジシステム」での申請が可能です。
軽減税率対応品目

補助金対象の事業者

軽減税率対策補助金事業における申請者の要件

  1. (1)消費税軽減税率制度(複数税率*1)への対応が必要な事業者であること。
  2. (2)財産処分制限期間※2の間、補助対象機器等を継続的に維持運用できる事業者であること。 ※共同申請者となるリース事業者を含む。
  3. (3)導入・改修した補助対象機器等に関する使用状況等について軽減税率対策補助金事務局(以下「事務局」という。)が行う調査に協力できること。
  4. (4)日本国内で事業を行う個人又は法人であること。
  5. (5)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条に規定する「風俗営業」、「性風俗関連特殊営業」及び「接客業務受託営業」を営む者でないこと。
  6. (6)補助金等指定停止措置または指名停止措置が講じられていない者であること。
  7. (7)反社会的勢力に該当せず、今後においても、反社会的勢力との関係を持つ意思がないこと。

※1 対象品目
①飲食料品(お酒や外食サービスは除く)
②週2回以上発行される新聞(定期購読されるものに限る)

※2 財産処分制限期間とは、取得財産の単価が50万円以上の場合、または、効用の増加価格(改修等で機器に付加された価値)の単価が50万円以上の場合、取得または改修から法定耐用年数の間、廃棄、目的外の使用、他者へ譲渡・貸付、交換、債務の担保とすることができない期間のことです。(パーソナルコンピュータの法定耐用年数は4年、その他の電子計算機の法定耐用年数5年、ソフトウェアの法定耐用年数は5年。)ただし、取得財産の単価が50万円未満であっても、汎用端末(補助率1/2のもの)については、財産処分制限期間が2年となります。

業者が必要な対応

軽減税率とは

業者が必要な対応

※1 POS機能を有するソフトウェアを汎用端末にインストール等して利用する場合の汎用端末ついては補助率1/2となります。

※2 POSシステムとPOSレジを合わせて導入する場合は、POSシステムの導入費用およびシステム付属機器等に係る経費は連携するPOSレジの台数で除して、
これに補助率を乗じた額を各POSレジの1台当たりの額に加算して算定を行います。

※3 POSレジのみ導入した場合は、導入したPOSレジ台数×20万円が上限額です。 POSシステムのみを導入した場合あるいはPOSシステムとPOSレジを合わせて導入した場合は、
導入費と設置に要する経費を合算した額と、POSシステムに連携するレジの台数に20万円を乗じた額とのいずれか低い額が上限となります。

※以下の経費については補助対象外経費となります。

・企画、要件定義にかかる費用 ・ハードウェアおよびソフトウェアの保守費用、月額払いなどのサービス利用料 ・既存レジ等の撤去、除去費用
・会議および打ち合わせ等の諸費用 ・消耗品(レジロール、レジ用インク 等) ・消費税/手数料

ライブレジ補助金適応イメージ

補助金算出額と補助金上限額を比較し、その総額の低い方が補助金となります。

業者が必要な対応

軽減税率とは

当社ゼネラルビジネスマシンは軽減税率対策補助金の代理申請協力店ですので、煩雑な補助金申請の手続きもすべて弊社にてご対応いたします。

GBMからご購入頂いた場合

ライブレジ導入の流れ

  1. お問合せ
    お問合せ
    電話または、メールフォームよりお問い合わせください
  2. ご提案
    ご提案
    営業マンがヒアリング。課題、運用状況を確認し、お客様に最適なシステム・サービスをご提案、お見積りします
  3. ご導入
    ご導入
    ご契約内容に応じて、導入準備を行い、ご利用開始までしっかりサポートします。ご要望により様々ですが1カ月ほどいただきます
  4. ご利用開始
    ご利用開始
    ご利用開始後も万全のアフターフォローを実施します

2つのお見積依頼・お問い合わせ方法

ポイントカードシステムの導入の流れ

  • ポイントカードの作成から、
    顧客管理まで全て自社で行っております

    ポイントカードの作成から、顧客管理まで全て自社で行っております
  • 10,000社を超える
    ポイントシステム導入実績の信頼

    10,000社を超えるポイントシステム導入実績の信頼
  • 大型チェーン店・大量導入では、
    他社に負けません

    大型チェーン店・大量導入では、他社に負けません