ライブレジ-タブレット対応レジ|ポイントカード・顧客分析・POSレジのゼネラルビジネスマシン

ゼネラルビジネスマシン株式会社 ❶カード印刷から顧客管理まで全て自社対応!
❷10,000を超える導入実績
❸ポイントシステム大量導入の豊富な経験
お問合せ
サポート
お気軽にお問い合わせください
0120-885-831
営業時間:平日9時~17時まで
商品一覧 地方創生 彩活 導入事例 大量導入・チェーン店の皆様へ 個人・単一店舗の皆様へ

お問い合わせ0120-885-831

TOP > GBMサポート | GBM端末機トラブルシューティング

GBMカードリーダー

トラブルシューティング

カードリーダー 一覧

型番などは、通常ディスプレイの近くに刻印されています。導入時期によっては品番が無い場合もありますが、写真を参考にして下さい。

GBM-3000以前

GBM-3000

GBM-6000/6800

GBM-6800X

GBM-5000/5700

GBM-8000

GBM-9000

GBM-8000X

GBM-10000

ABS-B31(プリペイド)

 

ABS-V31

 

内部清掃手順について

通常、各種カードリーダーはクリーニングカードなどで清掃頂いておりますが、エラー発生が多い場合や印字がカスレている場合など、内部清掃を行うことで改善するケースが多く見られます。(リードエラーや書き込みエラーなど)

 

内部清掃を行う際に必要な道具です。

クリーニングペンもしくは、クリーニング液
クリーニングペンの先が乾いている場合は、無性エタノール(含入率99.5%以上)をお買い求め下さい。※クリーニング液が無い場合は、薬局・ドラックストアなどで無水エタノールで代用できます。
乾いた布切れ、ウエスなど
毛埃の出ない布(Tシャツの切れ端など)をご用意下さい。
 
上記については、家電量販店などで販売されているPCクリーナーでも代用できます。
推奨品:サンワサプライ OAウェットペーパー CD-WT6H20(定価900円程度)

お使いの機種を選択して、クリーニングマニュアルをダウンロードして下さい。

エラーの解除方法は以下をご確認下さい。

各端末機のエラー解除方法

各端末機のエラー解除方法

GBM-3000/6000/6800端末機の場合

バッテリーエラー

内部バッテリー残量が少なくなっている状態です。【実行】ボタンで解除できます。
実行ボタン後に【ヒヅケセッテイ】の表示になった場合は日付と時刻の設定を行って下さい。
日付を入力し【設定】を押します。(2019年04月01日の場合190401)
※15キーの場合は【クリーニング】か【特P】
時間を入力し【設定】を押します。(12時30分00秒の場合、123000)
【設定】キーで日付に戻ります。
※15キーの場合は【クリーニング】か【特P】
【実行】キーで確定します。

電源投入時に必ずバッテリーエラーになる場合は、内部バッテリーが無い状況です。バッテリー交換(有償対応)が必要なのでお問い合わせ下さい。商店街加盟店でお使いの場合は事務局へご相談下さい。

コマンドエラー

主にカード搬送路のセンサーに異物がある場合に表示しますが、カードが詰まった時も同様です。カードを取り除いた後で、センサー部品を中心に清掃を行って下さい。それでも改善しない場合は、以下の通り【強制エラー解除】を行って下さい。


強制エラー解除

電源を切り、上カバーを開けます。
銀色のシャフトを手前に引き、カード搬送路を上げます。※カードが入っている場合は抜き取ります。
左側に2カ所センサーがありますので、その溝のホコリを吹き飛ばします。
銀色のシャフトを引きながら、金具を下ろし、上カバーを下ろします。
右上のキーを押さえながら電源を入れます。
※電源投入時に【バッテリーエラー】が表示された場合は【実行】ボタンを押した後で、すぐに右上のボタンを長押しします。※日付入力画面の場合は、今日の日付と時間(190401【設定】、123000入力後)を入力して【実行】後で、すぐに右上のボタンを長押しです。
通常起動します。

【コマンドエラー】及び【ケイゾク処理が終わらない】

※ケイゾク処理(満点)が終わらない場合も以下の操作で解除出来ますが、商店街でお使い頂いている場合、残ポイントは消費されてしまいます。その場合は、できるだけエラー解除せずに満点カードを吐き出すようにして事務局様へご相談下さい。

【ガッサン】や【クリーニング】の表示が消えない

【×】【訂正】もしくは【×】【実行】で解除できます。
それでも解除できない場合は、電源を入れ直して下さい。

それでも解除できない場合は強制リセットを行います。

GBM-6800X(B31)端末機の場合

※ケイゾク処理(満点)が終わらない場合も以下の操作で解除出来ますが、商店街でお使い頂いている場合、残ポイントは消費されてしまいます。その場合は、できるだけエラー解除せずに満点カードを吐き出すようにして下さい。

電源を切ります。
カード挿入口の下側にある丸いボタンを押さえながら上方向にカバーを開けます。
緑色のシャフトを手前に引き、カード搬送路を上げます。※カードが入っている場合は抜き取ります。
緑色のシャフトを引きながら、金具を下ろし、上カバーを下ろします。
【訂正】キーを押さえながら電源を入れます。
通常起動します。

GBM-5000/8000/9000/8000X端末機の場合

【停電復旧:リライトカードを入れて下さい】

書き込み中にエラーになった状態です。新しいカード(会員番号が印字されていないカード)を入れると処理を継続します。何度も再現する場合は、以下の手順でエラー解除して下さい。エラー解除後、端末機の内部清掃を行って下さい。
内部清掃手順書はこちら
※顧客管理されている場合、ポイント履歴は消えてしまいます。(エラー時のみのポイント履歴で、全体のポイント履歴は消えません)

電源を切り、右側のスライドレバーを引きながら上カバーを開けます。
上カバー左側に1~8番の小さなスイッチがあります。
6番のスイッチを左に倒します。
上カバーを閉じて電源を入れます。
通常の【ポイントカードを入れて下さい】の画面になったら、電源を切ります。
上カバーを開け、先ほどの6番のスイッチを右に戻します。
※通常は6番と8番が右で、他は左側です。(※4番が右になっている機種もあります)
上カバーを下ろして、電源を入れます。

【エラー32:システムダウン】

落下時に基盤が外れた時に多く出る症状です。基本的に修理対応となります。

電源を切り、右側のロックレバーを引き、上カバーを開けます。
両手を使って、写真の部分を押し込んでみます。
※強い力で押し込むと部品に亀裂。破損が発生しますのでご注意下さい。
少しづつ位置を変えながら押し込んでみて、「パチン」と音がすれば、基盤のツメが入った状態と思われますので、上カバーを閉じて電源を入れて下さい。
※音がしない、それでも再現する場合は、部品の故障となり修理が必要となります。

【画面が映らない】

端末機の画面はチルト式になっています。少し傾けて映るかどうかをご確認下さい。
※劣化により接触不良になっている状況で、基本的に修理が必要です。
液晶コントラスト調整で映る場合があります。以下の手順で行って下さい。※画面表示してなくても、とりあえず行ってみて下さい。

【5】キーを押さえながら電源を入れます。
約5~10秒後に離して下さい。※起動音や初回モータ音が鳴っても押し続けます。
【実行】キーを押します。
液晶コントラスト設定のモードに入ったと思いますので、数字を入力し濃度調整します。
 【0】・・・【7】(薄い・・・濃い)
【実行】キーで確定です。必要に応じて電源を入れ直して下さい。

GBM-10000端末機の場合

【データオーバー】エラー

CFカード内の蓄積データが一杯(5,000取引以上)になっています。顧客管理ソフトなどでCFカードの取込を行って下さい。顧客管理されていない場合は、以下の手順でメモリクリアして下さい。

電源を切ります。【F1】キーと【00】キーを押さえながら電源を入れます。
【設定変更】の表示になりましたら、【9】キーを押します。
パスワード(日付の逆)を入力し【実行】します。(本日が2019年04月01日の場合、【1040】と入力)
【9:端末番号】を選択します。端末コードが表示します。
端末コードは変更せずに、そのまま【実行】ボタンを押します。
メモリ初期化確認画面で【9】キーを押します。
しばらくすると、通常起動します。 

今後【データオーバー】しないように、端末機の設定変更を行うこともできますが、発行ミスを簡単に修正できる【前回訂正】操作が出来なくなります。設定変更については、弊社営業時間内にお問い合わせ下さい。

【クリーニング表示が消えない】

磁気データ更新エラー時に表示する場合がありますので、その場合は以下の手順で解除して下さい。

【F1】キーを押して【5:清掃】を入力します。
【9:通知表示リセット】を入力します。
【取消】キーで通常の画面に戻ります。 

【メモリカード未挿入】 

CFカードが認識できません。電源を切り、もう一度、正しく挿入して下さい。
挿入する際に左右のガイドに合わせて真っすぐ入れて下さい。

CFカードを変えても症状が変わらない場合、カードリーダー側のピンが曲がってしまった可能性があります。修理が必要です。

ABS-V31端末機の場合 

 【メモリーカードエラー】

端末機に挿入されているSDカードがエラーになっています。PC側で取込済みの場合、以下の手順でSDカード強制フォーマットを行って下さい。

電源を切り、SDカードを正しい方向で差し込みます。
【1】キーを押さえながら電源を入れます。※自己診断中も押さえ続けます。
パスワードを入力し【入力】キーを押します。(2019年04月01日の場合【1040】)
確認メッセージで【はい】を押します。

通信エラー

各端末機の通信エラーについて

顧客管理、集計管理を行っている場合の通信エラーについて記述します。

モデム通信の場合

GBM-8000/8000X/10000端末機でモデム通信している場合の確認事項です。

 本部側PCの電源は入っていて、受信プログラムは起動していますか?
※受信プログラムが起動していても【モデム未接続】の場合は、本部のモデムが認識していません。モデムの再起動を行って下さい。【モデム再起動:モデムの電源OFF→5秒後に電源ON】
店舗側のモデムを再起動します。その際にモデムのモジュラーケーブルが接続されているかをご確認下さい。
※モデム:モジュラーケーブルは【LINE】に接続します。弊社側の仕組みでは【PHON】は接続しません。
手動送信が可能であれば手動送信を行います。
GBM-8000/8000X:機能の切替ボタンより【蓄積データ送信】※機種によって名称が異なります。GBM-10000:F1キーからF3:Comより【モデム】。アナログ電話回線を使って送信されます。お店の電話を使用中の場合は話し中エラーになります。

エラー内容
【モデム初期化エラー】:モデムの電源が入っていないか端末機とケーブルが接続されていません。
【NO CAREER】:電話回線が見つかりません。モジュラーケーブルやその先の回線をご確認下さい。※アナログモデムでの通信となります。ISDNやIP回線からポート変換している場合は、送信できない場合があります。

 

LAN通信の場合

GBM-8000X/10000端末機でLAN通信している場合の確認事項です。

本部側PCの電源は入っていて、受信プログラムは起動していますか?
本部PC側から端末機のIPアドレスに通信テストを行います。
※Windows10の場合【Windowsロゴ】→【Windowsシステムツール】→【コマンドプロンプト】

ping 端末機のIPアドレス

※正常の場合は 0% LOSS(損失なし)となります。

例 ping 192.168.0.100

端末機のIPアドレスが【192.168.0.100】の場合
100%損失の場合は、店舗側のルーターを再起動する…などをお試し下さい。
 

SM・SD・CFカード読込の場合

GBM-8000/8000X/10000端末機でメモリーカード読込している場合の確認事項です。

メモリーカードをPCにセットした時のドライブ名を確認して下さい。
※認識していない場合は差しなおして下さい。
※SDカードのLOOKは解除して下さい。
※CFカードはピンが多いため、無理に差し込むとピン折れが発生します。
取込ソフト側でドライブ名が正しく設定されているかをご確認下さい。
FSP-MANAGER:【メディアデータ取込】→【取込設定】→【取込先パス名】
fsp-manager2(CF):【RewriteCard通信ツール】→【CFCONV】→【メモリーカードドライブ指定】※CFCONVの【コンバート】が押せない場合は、会員リストを読み込んでから行って下さい。名前照合機能を使っていない場合は会員リストを読み込まないにを入れて行って下さい。
fsp-manager2(SM/SD):【Windowsロゴ】→【GBM】→【自動データ収集サービスマネージャー】→【停止】→【端末モデル別設定】で該当端末の【取込先フォルダ(手動)】※自動データ収集サービスマネージャーの【開始】を忘れないようにして下さい。

各種設定

各端末機のポイント倍率変更

各端末機のポイント倍率変更ついて記述します。基本的には倍率設定カード【解除】で元に戻せますが、そのカードが無い場合の変更手順となります。

倍セールを1倍に戻す方法で、基準金額の変更手順ではありません。

軽減税率設定はこちらへお進み下さい。

 

GBM-3000/6000/6800/6800X端末機

通常画面で【1】【1】【1】【設定】を押します。※15キーは【訂正】、GBM-6800Xは【販売】
倍率画面になるので【1】【実行】します。
倍率が1倍に戻りました。

GBM-6800X(B31)端末機の場合は倍率設定カードで行う方法しかありません。

 

GBM-8000/9000端末機

通常画面で【内容の確認】を押します。
【1:サービス設定】を押します。
暗証番号を入力します。(端末機の店舗番号4桁)※分からない場合は通常画面に戻り、ディスプレイをご確認下さい。
【1:一般倍率設定】を選択します。
適用金額はそのまま【実行】し倍率【1】倍にします。
【実行】で確定します。
設定カード挿入画面になったら【削除/排出】で通常画面に戻ります。
 

GBM-8000X端末機

通常画面で【内容の確認】を押します。
【1:サービス設定】を押します。
パスワードを入力します。(通常は【0】【0】【0】【0】【実行】ですが、変更されている場合があります)
【2:マルチサービス】を選択します。特定日:99(毎日)の項目を探します。※内容の確認ボタンで進み、機能のチェックボタンで戻ります。
以下の手順で1倍に戻します。特定日:99【実行】→対象会員:そのまま【実行】→適用金額:そのまま【実行】→サービス区分:2【実行】→倍率:1.0倍【実行】
入力内容が表示されるので【実行】します。
確認画面で【実行】を押すと確定します。
【削除/排出】を数回押すと通常画面に戻ります。
  

GBM-10000端末機

通常画面で【F1】→【4:倍率】を選択します。
【F4】を押しパスワードを入力、【実行】します。(日付の逆となります。2019年04月01日の場合【1040】)
【1】【0】【0】を入力し【実行】を押します。
【取消】キーで通常画面に戻ります。

トップへ戻る